トップページ » モデルコース » 倉敷アートを探求♪
アートの拠点をめぐる芸大女子の卒業旅行!
独創的な作家さんや作品と出会い、ふれ合い
倉敷アートを探求♪

倉敷が世界に誇る「大原美術館」から、イマドキ女子の必須アイテム「mt」にいたるまで、倉敷に脈々と受け継がれてるアートのDNA。美観地区を歩いていると、創作意欲をかきたてられる出会いがたくさんありますよ!

倉敷アートを探求♪
10:00|加須山|丸山昌子アトリエ1/F
世界にひとつ。私だけのシルバーアクセサリー作り
世界にひとつ。私だけのシルバーアクセサリー作り

シルバーアクセサリー作りを体験できる「アトリエ1/F」。ちょうど、気軽に身に着けられる普段づかいのアクセが欲しかったから、さっそく挑戦してみました。
素材のアートクレイシルバーは扱いやすく、細かいところまでイメージどおりに仕上がって大満足!
今日の記念にずっと大切にしていたいな。

車 10分
12:30|美観地区|富来屋本舗
古い旅館を改装した、趣のある空間でランチタイム
古い旅館を改装した、趣のある空間でランチタイム

倉敷に来たからには風情のある空間でランチを・・・と選んだのは「富来屋本舗」。
この店自慢の「たかきびめん」に黄ニラやままかりなどの郷土料理がセットされた「きび膳」をいただきました!強いコシとツルツルの食感が特徴の「たかきびめん」は、ビタミンやミネラルなど女子にうれしい栄養がたっぷり。もちろん味も◎だから、友だちにも自信をもっておすすめできそう。
ほかにも、肉食系の友人には、焼いた千屋牛がガッツリのった「千屋牛重」がぴったりかも。

徒歩 すぐ
13:00|美観地区|大原美術館
いつもより時間をかけて、おなじみの名画を鑑賞
いつもより時間をかけて、おなじみの名画を鑑賞

白壁の町並みが続くなか、ギリシャ神殿風の外観が目を引く「大原美術館」。芸大生として、もちろん何度か訪れているけれど、来るたびに新しい発見があるのは、やっぱりさすが。
季節ごとに特別展やイベントも開催されているので、ワクワクします。
私が特に好きなのはモネの「睡蓮」で、その幻想的な世界観に夢中です。今日は特に時間をかけて鑑賞し、構図や色の重ね方などを研究。参考にしたいポイントが見つかりましたよ。

徒歩 すぐ
14:30|美観地区|TANE
お手軽デコで作る、オリジナルmt収納箱
お手軽デコで作る、オリジナルmt収納箱

マスキングテープ「mt」の聖地としても知られる倉敷。それを象徴するように「TANE」の壁には、約500種類ものmtがズラリ。一つひとつ手に取って見るのも、時間を忘れるほど楽しいけれど、ここに来たからにはぜひやってみたいことがあったのです!それはmt収納箱作り体験。
土台の箱に、お気に入りのmtを貼ってデコレーションしていくだけの作業だけど、個性とセンスをどう表すかがポイント。20分かけて完成した作品は、「カワイイ!」とスタッフの方にも好評で、自称アート女子としては、ほっとひと安心でした。

徒歩 すぐ
15:00|美観地区|互茶 GOCHA 青山茶舗
消しゴムハンコで作るマイ手ぬぐい
消しゴムハンコで作るマイ手ぬぐい

約200種類もの手ぬぐいや器を取り扱っている「Gocha」では、マイ手ぬぐい作りに挑戦。倉敷美観地区が描かれた手ぬぐい「くらしきさんぽ」に、キャラクターや文字が彫られた消しゴムハンコを好きなように押していくだけだから、お手軽で楽しい!
旅の記念に「くらしき」って押してみました。さてさて、ここからどう仕上げていこうかな。

徒歩 すぐ
15:30|美観地区|パーラー果物小町
盛りだくさんのフルーツに圧倒される贅沢パフェ
盛りだくさんのフルーツに圧倒される贅沢パフェ

細い路地にあり、竹林の庭が印象的な「パーラー果物小町」でお茶タイム。店内に入ると、大正ロマン風の衣装を身に着けた果物小町さんたちが迎えてくれて、それだけでも疲れが吹き飛びそうです。
果物小町さんおススメの「フルーツパフェ」をさっそくオーダー。運ばれてきたのは、岡山産フルーツの果汁がたっぷりのソフトクリームに、10種類ものフルーツが豪華に載せられた華やかなパフェでした。
見た目のボリュームに圧倒されつつも、食べてみると案外ペロリ。フルーツのみずみずしい味わいで、最後の一口まで飽きずに食べ尽くしたのでした。

ページの先頭へ戻る。

ページの先頭へ戻る。