トップページ » 倉敷市は「記念日の聖地」として選定されました

 

この「記念日の聖地」選定は、一般社団法人日本記念日協会が、記念日文化の向上を目的に、歴史、産業、文化面で、記念日のシンボルとなる場所(発祥の地・由緒、縁のある地など)及び記念日を活用して地域振興を図る地域、施設などの中で、特にふさわしいと認められる場所・地域・施設などを「記念日の聖地」として、選定委員会で審査するもので、平成25年9月4日「記念日の聖地」第1号に、倉敷市が選定されました。

 

「記念日の聖地」第1号 選定理由について

 

記念日の聖地

  • 平成22年に商工団体、大学、行政、マスコミ関係者などが連携し「記念日をすごすまち 倉敷」推進協議会を設立し、倉敷地域の魅力的な資源や素材を、地元事業者の商品やサービスと結びつけ、記念日にふさわしい「体験観光プラン」の開発を進めてきた実績があったこと。
  • 記念日の「聖地宣言」を行い、素敵な「記念日をすごせるまち」となることを目指し、地域が一体となって「記念日」を観光に生かした活動を行ってきたこと。
  • 結婚記念日、母の日、父の日、敬老の日、還暦、誕生日、七五三、卒業旅行、雛祭りなど、年間を通じて多くの人々が大切な記念日を倉敷ですごしている背景があること。
  • ※「記念日の聖地」は一般社団法人日本記念日協会より商標登録出願中です。
    ※「記念日の聖地」は記念日を大切にする人に愛され、親しまれる場所であり続けることを目指して作られた制度です。

    一般社団法人日本記念日協会について

    一般社団法人 日本記念日協会

    1991年(平成3年)に任意団体として設立。企業や団体、自治体が設けた記念日の認定・ 登録を行い、ホームページで紹介するなどしてPRを行っている。平成25年7月現在で800件 以上の記念日の登録をおこなっている。 倉敷では、1月27日が「船穂スイートピー記念日」として登録されている。

    一般社団ホ鵜人日本記念日協会のホームページへ

    「記念日の聖地」選定記念事業

    倉敷記念日レター

    倉敷市では、今回の「記念日の聖地」選定を記念した新事業として、「倉敷記念日レター~1年後のキミへ~」が決定しました。

     
     
     
     
    ページの先頭へ戻る。

    ページの先頭へ戻る。