トップページ » 協議会について

協議会について

協議会について

『記念日をすごすまち 倉敷』推進事業とは

倉敷に「記念日をすごすまち」としての事業を浸透させ倉敷をブランド化することを目指し、その取組みを全国に発信し、倉敷を「記念日をすごす日本一の聖地」へ育てていく事業です。

そのために、記念日を最適にすごせる「プラン」の発掘、創造を行いそれを商品化し、そしてその商品を使って記念日をすごすお客様と、ともに祝い、ともに喜び、おもてなしの心で盛り上げこの事業へ参加しているみんなの満足度を高めていきます。

『記念日をすごすまち 倉敷』推進協議会 組織体制

自治体、商工会議所、大学、民間企業からなる協議会を設立しています。
構成組織は次のとおりです。

倉敷市 / 児島商工会議所 / 玉島商工会議所 / 倉敷商工会議所
公益法人倉敷観光コンベンションビューロー
くらしき作陽大学
株式会社 倉敷ケーブルテレビ

推進する事業の内容

『記念日をすごすまち 倉敷』推進協議会は以下の3つの事業で構成されます。

記念日をすごす商品づくり推進事業

地域資源を含む素材を「プラン」となるよう発掘・開発し、さらに「プラン」を組み合わせることで、記念日をすごすための「商品化」を行い、より付加価値の高い魅力ある倉敷の商品として、強い発信力を生み出させます。

記念日商品の販売事業

インターネットやマスメディアを活用し、全国に向け広報を行い、新規顧客や新たな販売ルートの開拓を行い、事業の拡大を図っていきます。
また、旅行会社や関連業者への委託販売により販売力の強化も図ります。
その他、マスメディアや潜在顧客、地域への周知のためPRイベントを実施します。

 
ページの先頭へ戻る。

ページの先頭へ戻る。